ホーム

 

グルメや彰化孔子廟でも有名な彰化観光のポイントとは?



彰化孔子廟

彰化は観光資源がとても多いエリアで、史跡もたくさんありますし、レクリエーションツアーにぴったりの八卦山脈ではサイクリングや登山、ハイキングを楽しむことができます。

 

台湾の穀倉地帯とも呼ばれる彰化だけに、農園観光も人気を集めていますし、美味しい料理でも知られているのでグルメツアーの行き先にもぴったりです。

 

寺院巡りに興味があるなら、外せないのが彰化孔子廟です。

 

1665年、台湾で最初に創建された台南の孔子廟(コンツミャオ)など、孔子廟自体は台湾に点在していますが、1725年に建てられた彰化孔子廟は台湾一級古跡に指定されています。

 

特に主殿の大成殿の美しい彫刻で知られ、孔子や弟子たちの位牌が奉られています。

 

孔子像に掛けられた清朝乾隆帝の言葉「與天地参」、蒋経国前総統の言葉「道貫古今」に注目してみて下さい。

 

彰化の動画はこちら

 

 

彰化のアクセスマップ


 

 

また、彰化市が初めて作った子供が水と戯れることをテーマにした公園、銀橋児童水景公園も是非足を運びたい観光スポットです。

 

公園では彰化のシンボルにもなっている巨大な八卦山大仏像を参拝しましょう。

 

仏像参拝の大通りには、両側に32もの荘厳な表情を浮かべる観音像が陳列されています。

 

八卦山大仏像

 

 
参拝道に突き当たる九龍池広場に鎮座する大仏の高さは、およそ22メートルもあり迫力満点です。

 

銀橋児童水景公園は年間を通し昼も夜も楽しむことができますが、3月から4月ごろの春分前後には、八卦山に灰面狂鷹がたくさん渡ってきます。

 

地上から300~500mの位置で抵抗飛行する灰面狂鷹を鑑賞する為に訪れる観光客も多く、地元の人間も大勢集まります。運が良ければ群れで空中旋回する光景も見ることができます。

 

埔里からバスで1時間!ゆったり入れる廬山温泉の魅力と注意点



廬山温泉

廬山温泉観光も、台湾で有名な温泉の1つです。

 

南投県屈指の温泉郷、廬山温泉は日本統治時代には日本らしい富士温泉と言う名前がつけられていましたが、戦争が終わってから現在の名称に改称されました。

 

明治温泉、桜温泉と共に中部の3大温泉に数えられ戦後も温泉街として賑わっていましたが、2012年の豪雨で川沿いの温泉旅館が大打撃を受けてしまいました。

 

現在は一時期のように観光客が押し寄せることはなく比較的閑散とした状態ですが、「空いている温泉にゆっくり浸かりたい」と考えるお客さんに密かな人気を集めています。

 

廬山温泉の動画はこちら

 

 

廬山温泉のアクセスマップ


 

 

台湾のおへそと言われる埔里からバスで1時間ぐらい揺られると到着しますが、乗り換えがないので楽ちんです。

 

埔里に滞在し、廬山温泉まで日帰り入浴を楽しむコースもオススメです。

 

 
温泉街のつり橋も見所の1つになっていますが、一番奥まったところには高温の地下水が噴出する地熱井があるので是非立ち寄ってみましょう。地熱井よりも更に先に歩くと、足湯が見つかる筈です。

 

足湯の隣では卵や野菜を茹でることができるお湯があり、とうもろこしなどを売っている売店もあるので小腹を満たすのに丁度良いかも知れません。

 

温泉街には食堂もありますし、日帰り入浴できるところがたくさんあります。水着で入る温泉も多いので、水着を持参すると重宝します。

 

石碑近くに急こう配の階段がありますが、頑張って登ると埔里市内を一望することができる公園に辿り着きます。

 

 
夕暮れ時の眺めも美しく、観光客にも「階段を登る価値がある!」と評判です。

 

白河蓮の花フェスやダム観光が魅力の白河観光のポイントとは?



白河観光

白河観光に行くなら、毎年蓮の花の最盛期を狙って白河蓮の花フェスティバルが開催される6月から9月が狙い目です。

 

蓮の実の産地として最近知名度をグングン上げている白河は、台南市にある蓮の郷とも呼ばれる自然豊かなエリアです。

 

蓮の花が延々と咲く光景は本当に美しく、極楽浄土を思わせるような神秘的な雰囲気を湛えています。

 

白河の動画はこちら

 

 

白河のアクセスマップ


 

 

台湾南部らしいのんびりした風情を味わいながら、ゆっくり蓮の花を観賞する旅はまさに命の洗濯と言えるでしょう。

 

蓮の花茶の作り方、蓮の実の取り方などを教えてくれる蓮の花産業文化資訊館では食事もできますが、せっかくなので蓮の花コースを頂きましょう。

 

白河観光の定番蓮の花巡りの他、有名な観光スポットになっているのが白河ダムの愛称でも親しまれている鳥山頭ダムです。

 

アメリカ合衆国のフーバーダムが完成するまでは、世界最大の規模を誇る巨大ダムとして君臨していました。

 

このダム建設を計画した日本人エンジニア八田與一にちなみ、八田ダムと呼ばれることもあります。

 

八田氏は日本ではダム好きの方以外にほとんど知られていない存在ですが、地元の方には神さまのように崇められる存在です。

 

ダムにあるお墓には今でも台湾の歴代総統が参拝に訪れていますし、教科書でも紹介されている程知名度が高く、日本統治時代台湾の農業に貢献した実績が感謝されているそうです。

 

 
ちなみに鳥山頭ダムのダム湖は、珊瑚湖と呼ばれていますが、これはダムを上空から眺めると湖面がエメラルドグリーンの珊瑚のように見える為です。

 

ホエールウォッチングなら目撃率が一番高い東海岸の花蓮港がおすすめ!



花蓮港

花蓮観光で最近注目を集めているのが、花蓮港で行われるホエールウォッチングです。

 

この港は知る人ぞ知るイルカスポットで、90%以上の高確率で遭遇できると言われています。

 

台湾自体、ホエールウォッチング観光でも有名な国ですが、特に太平洋の親潮と黒潮が交差する東海岸は目撃率が一番高いエリアです。

 

花蓮港のホエールウォッチング動画はこちら

 

 

花蓮港のアクセスマップ


 

 

運が良ければクジラも見ることができますが、この付近の海には約10種類のイルカとクジラが港付近の海で泳いでいるそうです。

 

ホエールウォッチング用の船を出している会社も色々ありますし、47~80人乗り用と規模も様々です。

 

市内のホテルまで無料で送迎してくれるサービスを提供している船会社も目立ちます。

 

船に乗り込む時は救命胴衣をつけますが、念の為保険も付帯しているかどうかチェックしましょう

 

メジャーな船会社のホエールウォッチングサービスなら、生命保険、医療保険込みのお値段でチケットを販売しています。

 

また、万が一イルカに遭遇できなかった時のチケットも、無期限使用可能状態にされている筈なのでスケジュールが許せば時間をずらしたり翌日に再チャレンジすることができます。

 

野生のイルカなので水族館のイルカほど写真を上手く撮影するチャンスは与えてくれませんが、普段見ることができないスピーディーなイルカの動きは必見です。

 

ちなみに、船は基本的に2階建てで全席自由席になっていますが、船酔いしやすい方はダイレクトに風に吹かれるデッキに座った方が良さそうです。

 

 
1階席は意外に酔いやすいようなので、ご注意下さい。

 

飛行機なら日帰りも可能な台湾随一の絶景!太魯閣峡谷観光のポイント



太魯閣峡谷

太魯閣峡谷観光では、絶景の多い台湾の中でも特に素晴らしい景色を眺めることができると評判です。

 

台湾随一の絶景スポットと言うと物凄く遠い印象を持たれるかも知れませんが、実は太魯閣峡谷まで飛行機を使えば台北から日帰りで行ける距離にあります。

 

飛行機で35分、空港から車で30分ほど行けば太魯閣の入り口に着きますし、宿泊予定なら台北から最寄りの駅まで2~3時間かけて電車の旅を楽しむコースもオススメです。

 

太魯閣峡谷の動画はこちら

 

 

太魯閣峡谷のアクセスマップ

 

花蓮県の山部にあるタロコこと太魯閣国立公園の一番の見所は、断崖、高山、滝…と渓谷の豊かな生態を存分に堪能することができる太魯閣峡谷です。

 

太魯閣峡谷観光の出発点には、記念撮影にぴったりなエキゾチックな赤い門が建っています。

 

門をくぐり右に曲がったところにあるビジターセンターを過ぎ、トンネルを抜けます。

 

トンネルを出てすぐのところに白い大理石で作られた橋がありますが、橋の上には1つ1つ表情が違う獅子が100匹も飾られているので見応えがあります。

 

 
下の歩道には橋から降りることができますが、歩道は全長約4.5mもあり最終地点まで往復すると3時間以上かかるのでご注意下さい。

 

エメラルドブルーの水を存分に目に焼き付けたら、適当なところで引き返しましょう。

 

太魯閣の開拓者を弔う長春祠を過ぎたら、いよいよ太魯閣峡谷の絶景スポットを見ることができる燕子口に辿り着きます。

 

壮大な峡谷、迫力ある岩壁、九曲洞…とため息をつくしかない光景が広がります。

 

この一帯は場所によって観光申請許可を取る必要があり、ヘルメット着用の危険なポイントも目立ちますが、岳王亭の吊り橋公園内で唯一申請しなくても渡ることができます。

 

花蓮県山部の絶景が美しすぎる九曲洞観光の魅力とは?



九曲洞

九曲洞観光では、台湾の自然の生態にダイレクトに触れることができます。

 

九曲洞は花蓮県の山部にある太魯閣(タロコ)峡谷の中でも特に絶景が美しい場所で、渓谷で一番狭い場所でもあります。

 

ただし、岩壁を間近に眺めることができる絶景スポットだけに、土砂崩れの危険も伴います。

 

見学時はヘルメット着用が義務付けられているのでご注意下さい。

 

九曲洞の動画はこちら

 

 

九曲洞のアクセスマップ

 

台湾では「九=たくさん」とも捉えられている為、「九曲洞=クネクネした道が多くある洞」と言う意味です。

 

 
多くの観光客が誤解しているように9つのトンネルがあるわけではありません。

 

土砂崩れの後がまだ残る部分もある九曲洞観光では全部の場所を隈なく見学することはできませんが、整備され仕切っていないところも、この観光エリアの醍醐味です。

 

また、太魯閣峡谷がある太魯閣国立公園の九曲洞に向かう途中、かつて日本人が住んでいた集落を見学することもできます。

 

ただし集落や駐在所は太魯閣峡谷の燕子口から歩いて7時間ほどかかりますし、見学する為には前もって申請許可を取る必要があります。

 

九曲洞観光も含め、広大で道案内が必要な太魯閣国立公園を見て回るには目的のスポットを効率的に回ることができるツアーが一番便利かも知れません。

 

公園内に多くかかる吊り橋も岳王亭以外は渡るのに申請が必要ですし、岳王亭の吊り橋も同時に8人までしか渡ることができません。

 

吊り橋を渡った先にある階段も降りるのは禁止されていますし、色々とルールが厳しいエリアでもあるので単独旅行よりもツアーの方が安心かも知れません。

 

アミ族も見える!見所満載の台東の魅力的な観光ポイントとは?



アミ族

台東は観光スポットが多い見所満載のエリアです。

 

アミ族の子供たちの太鼓演奏で有名な比西海岸や、パイワン族の文化と伝統を堪能できる金峰郷、美人湯として名高い知本温泉など色々な楽しみ方ができます。

 

中でも近年「究極のリゾート地」として日本人や欧米人観光客から人気を集めているのが、台東県の自然豊かな東河部屋です。

 

アミ族の部落がある東河部屋は人口1,000人強しかいない観光リゾート地で、住民の大半はアミ族が占めています。

 

日帰りで訪れてイカダ遊びや魚釣りを楽しむ観光客も少なくありませんが、じっくり滞在しアミ族の文化に触れたい場合は宿泊コースがオススメです。

 

太平洋が目の前に迫り、緑が延々と続く東河部屋では、ただ自然を満喫するだけで心身が十分に癒やされるのを感じる筈です。

 

台東県(鹿野高台)の動画はこちら

 

 

台東県東河のアクセスマップ

 

宿泊施設も茅で覆われた原始的なつくりで、食事も伝統的な米酒や原住民料理が振る舞われます。

 

アミ族の原住民料理は、海藻や牡蠣などの貝類、魚、山で採れた山菜やチキン、山豚肉など海の幸と山の幸が贅沢にブレンドされたもの。

 

 
どの食材も新鮮で美味しく、葉のお皿で食べる豪快な盛り付けもワクワク感をそそります。

 

日中はアミ族独特のイカダに乗って川下りや野生のサルに餌付けして楽しみ、夜は星空を満喫することができます。

 

東河部屋は大自然の中で生活する醍醐味を味わいたい観光客にぴったりなリゾート地ですが、知る人ぞ知る人気スポットなのでブームになる前の今が狙い目かも知れません。

 

現地の台湾人にも人気の花東海岸の観光ポイントの魅力とは?



花東海岸

花東海岸観光では、野趣豊かな風景を堪能することができます。

 

花東海岸を含む花蓮から大東までの海岸線、緑島は頭部海岸風景特定区に認定されている程、美しく人を魅了する景色が続いています。

 

完全に舗装された花東海岸公路が走っていますから、ただ車を走らせたりサイクリングに出掛けるだけでもこのエリア一体の美観を満喫することができるでしょう。

 

花東海岸沿いにある都蘭部落も、見応えのある観光スポットです。

 

花東海岸の動画はこちら

 

 

花東海岸のアクセスマップ

 

都蘭部落は非常に芸術性の高い部落なので、原住民の優れた文化に触れたい観光客にもぴったりの立ち寄り先ではないでしょうか。

 

台湾通の旅行客の間でも人気が高いエリアなので、豊年祭やイベントが開催される時期はあっという間に民宿の予約が埋まってしまいます

 

さて、都蘭部落の入り口は花東海岸公路の郵便局前付近に出ている標識を目印に、歩いて25分ほど登って到着します。

 

第一関門は三叉路になっていますし、標識も出ているので分かりやすい筈です。

 

部落の最初の見所は、1988年に三級古跡、2006年に縣定古跡に指定された石棺區、石壁區です。

 

都蘭とは阿美語で「石の塊が積み重なった土地」を意味しますが、この遺跡への道も石が積んである場所を多く見掛けます。

 

石棺區と石壁區は歩いて40分ほど離れているので見学には時間的な余裕も必要ですが、ちょっとした山道なので運動靴ではないと途中リタイヤしたくなるかも知れません。

 

 
体力に自信がない方は自転車やバイク、車で移動した方が無難です。

 

遺跡見学の後は、映画「月光下 我記得」のロケ地にもなった「月光小桟」に併設されているカフェで休憩を取りましょう。

 

3つの大岩礁&アーチ橋が魅力の台東「三仙台」観光スポット



三仙台

台東に位置する三仙台観光のハイライトは、沖合いにある3つの大岩礁です。

 

その昔、八仙人が海を渡る時、3人の仙人…何仙姑、呂洞賓、李鉄拐が岩の上で身体を休めたと言い伝えられています。

 

三仙台は元々火山岩で形成された1つの岬でしたが、海水が長い年月をかけて浸食を繰り返し、いつの間にか陸から離れ離島となりました。

 

現在では陸からアーチ橋が架けられているので島まで自由に行き来できるようになっていますし、1周り2時間ほどで回ることができる島一周遊歩道も整備されています。

 

 
三仙台の橋だけでも一見の価値がある、と国内外の観光客に定評があります。

 

三仙台の動画はこちら

 

 

三仙台のアクセスマップ


 

 

実はダイバーにも人気のダイビングスポットで、美しい珊瑚や熱帯魚でも知られていますし、釣りも楽しむことができます。

 

地形自体海に浸食されユニークな形状を織り成していますし、希少価値の高い動植物も見ることができる格好の観光スポットです。

 

離島は観光地化する前はめったに人が立ち寄らない場所だった為、自然保護区に指定されている程今でも自然が豊かなに生い茂っています。

 

日帰り旅行先にもぴったりの観光エリアですが、太平洋の日の出を眺めるのに最高、と評判の八拱跨海歩道橋もありますし、宿泊してのんびり過ごすコースもオススメです。

 

また、この一帯を隈なく探索するには結構体力を消耗しますし、急な階段もあるので歩きやすい靴を用意して行った方が無難です。

 

台湾東海岸は美観で有名ですが、三仙台観光は特に見所の多いエリアです。

 

風が強い日は波も高く、橋を渡る時もよりダイナミックな自然を感じることができるでしょう。

 

洞窟好き必見!台東の八仙洞観光の魅力とは?



八仙洞

台東にある八仙洞観光は洞窟好きには外せない観光スポットです。

 

完璧に整備された海岸公路11号線に位置する八仙洞は、長い年月をかけて海水が浸食する影響を受けた結果、乾元、永安、潮音など大小さまざまな洞窟が生み出されてできました。

 

それぞれの洞窟に通じる遊歩道もあるので、効率良く洞窟巡りを楽しむことができる筈です。

 

海岸線の美観も楽しみながらのんびり回れば、1~2時間で回ることができますが、板張りの段差が激しい階段部分も多いので多少足腰が疲れるかも知れません。

 

 
八仙洞はおよそ130年前に発見されましたが、現在でも台湾遺跡の中で一番古い遺跡として貴重な存在です。

八仙洞の動画はこちら

 

 

八仙洞のアクセスマップ

 

洞窟の内部からは旧石器時代の遺跡も見つかり、2万年以上前の火を炊いた跡も発見されています。

 

洞窟は台湾の一級史跡として認定されていますが、岩の裂け目に囲まれ、海の波音の反響が大きく響く洞の中に佇むだけで、自然と時代の織り成す神秘を感じることができます。

 

絶壁に掘られた11個の洞窟の中でも特に規模が大きいのが、八仙洞観光のハイライトでもある霊巌寺です。録音された読経がエンドレスで流れ、観音さまの列が並び、仏像も鎮座しています。

 

湧水を飲むことができる場所もありますが、ユニークなのが御神銭の自動販売機でしょうか。宗教的雰囲気が濃い場所ですが、自販機でちょっとなごむことができるかも知れません。

 

バス停もあるのでアクセスも便利ですし、絶景満載の花東海岸公路の中でも特に美しい景色を満喫できる観光スポットです。

 

最安値保証のホテル予約


エクスペディア-海外の厳選ホテル5万軒すべて最低価格保証!
最近の投稿
よく読まれている人気記事
サイトマップ
カテゴリー