ホーム

 

台北観光なら66番透明キャビンに乗れたら幸運の猫空ロープウェイへ!



猫空ロープウェイ

観光目的で台湾の台北に訪れる観光客は後を絶ちません。

 

猫空ロープウェイは2007年に開通後、翌年の台風が影響してしまい運休状態が約1年半も続きました。

 

2010年3月にようやく復活し、再び観光客で賑わうようになっています。

 

ロープウェイに不慣れな方も、猫空ロープウェイは動物園駅、動物園内駅、指南宮駅、猫空駅とたった4つの駅しかありません。

 

券売機にもどこの駅までいくらで乗ることができるのが見やすく書かれているので、旅行者にも安心です。

 

一番端の動物園駅から猫空駅まで20~30分程度で着きますから、ゆったりと景色を楽しむコースもオススメです。

 

猫空ロープウェイの動画はこちら

 

 

また復活後、全部で130個あるキャビンのうち、1つだけ床が全面透明になっているものが登場しました。

 

運よく番号66番の透明キャビンに乗ることができたら本当にラッキーです。

 

ただし、動物園駅と猫空駅の海抜高度差は275.2mもあります。高所恐怖症の方は、足の下が透けている状態の透明キャビンは厳しいかも知れません。

 

猫空駅には60軒以上も茶芸館が並んでいますが、元々茶農家が観光茶園として茶摘み風景などの見学サービスを始めたことがきっかけで有名になった観光地です。

 

週末は24時間営業の茶芸館が多く、一晩中お茶を飲みながら夜景や星空を眺めることができる独特な雰囲気を楽しむことができます。

 

台湾茶はとにかく種類が多いので代表的なお茶を覚えるだけでも一苦労しますが、このエリアのオススメ茶葉は限りなく生に近い状態の冷凍茶、鉄観音茶です。

 

素材の旨みを活かすシンプルな味付けが特徴的な茶葉料理のお店も揃っています。

 

台湾の展望台なら10以上の世界一記録をもつ「台北101」へ!



台北101

台北101は観光客にとってはもちろん、地元の方の間でも有名なエンターテイメントスポットです。

 

建物の名称からもお分かり頂けるように、地上101階地下5階から成る超高層ビルで509.2mもの高さがあります。

 

828mのドバイ、ブルジュ・ハリファ、634mの東京スカイツリー、601mのサウジアラビアのアブラージュ・アル・ベイト・タワーズに抜かれ、現在世界で4番目に高い建築物として認識されています。

 

完成当時は世界一の高さを記録してギネスブックにも認定されていますし、国内外で随分騒がれたものです。

 

ちなみに、台北101のエレベーターは東芝製で、5階から89階までたった37秒で到達する世界最速のエレベーターとしてギネス認定されています。

 

台北101展望台の動画はこちら

 

 

 

その他、世界一高いエレベーター機関室、世界一移動距離の長いエレベーターなど、台北101は10項目以上の「世界一」が認められている世界一マニアには堪らない建物でもあります。

 

さて、とても1日では回り切れない程見どころ満載の台北101ですが、やはり一番外せない観光スポットは89階に位置する展望台です。

 

5階からエレベーターで一気に上昇しますが、こちらも世界で初めて導入された気圧制御システムによって、耳がキーンとなることもありません。

 

高層ビルのエレベーターが苦手、と高い場所にある観光スポットに二の足を踏んでいる方も、台北101なら安心して楽しめるのではないでしょうか。

 

展望台は一面ガラス張りになっているので非常に開放的です。

 

チケットの半券を渡すだけで音声ガイド機をレンタルすることができるので、説明を聞きながら建物を見るだけであっという間に台湾に詳しくなれます。

 

最後に中国の番組ですが台北101の建築などに関する番組ですが面白いですよ。45分程度ありますが(笑)

 

 

世界四大博物館の一つ!台北の人気観光スポット「国立故宮博物院」



国立故宮博物院

国立故宮博物院は台湾北部(台北)の観光地として大変有名ですよね。

 

アメリカのメトロポリタン、フランスのルーブル、ロシアのエルミタージュと並び、世界四大博物館に含まれている程、歴史的価値のある美術工芸コレクションが集められています。

 

国立故宮博物院は約70万点に及ぶ収蔵品を抱えています。常時展示している特に著名な宝物数百点以外には、6,000点から8,000点を3か月から6か月おきに入れ替えるシステムです。

 

その為、国立故宮博物院のお宝を全部見て回る為にはなんと10年以上の月日を費やさなければならない…と言われている程、膨大なコレクションを誇ります。

 

8,000年以上前の玉器、新石器時代にあたる5,500年前の翡翠の彫り物、古墳時代の文物など、日本の歴史の教科書にも載っているようなお宝を直接目にすることができます。

 

 
日本人観光客の間でも国立故宮博物院は大変人気がある観光スポットの一つです。

 

国立故宮博物院の夜景動画

 

 

 

車椅子やベビーカーの無料貸し出しサービス、手荷物預かりサービスを利用できるチェットカウンターでは、日本語の音声ガイドセットも用意してあります。

 

1日に2回行われている当日無料ガイドは中国語と英語のみなので、国立故宮博物院の主要文物を分かりやすく解説して貰いたい方は是非日本語音声ガイドを利用しましょう。

 

国立故宮博物院は建物自体広く、正面アーチから本館までの距離もかなりある為、タクシーを利用する方も少なくありません。

 

1日がかりで見てもとても回り切れませんが、建物内部にレストランやカフェもあるのでお腹が空いても安心です。
 

台湾観光の定番なら台湾北部の「九份」がおすすめ?



九份観光

台湾の観光スポットの中でスタジオジブリの宮崎駿監督映画「千と千尋の神隠し」公開以来、日本人旅行客が殺到しているのが台湾北部の山間の町九份です。

 

元々台湾の寂れた村に過ぎなかった九份は、19世紀の終わり頃金の採掘によって発展し、日本統治時代に最盛期を迎えた歴史があります。

 

第二次世界大戦後金の採掘量が激減し、1971年には金鉱が閉山されてからは再び人が去って行きました。

 

ところが1989年、禁断の事件2.28事件を取り上げて大ヒットした映画「非常城市」のロケ地に選ばれてから、再び人気を取り戻します。

 

ノスタルジックな九份独特の雰囲気に魅せられた若者が多く訪れ、台湾国内に空前の九份ブームが巻き起こりました。

 

この勢いに乗って本格的な町おこしに励んだ結果、海外からも大勢の旅行客が足を運ぶ観光スポットになったそうです。

 

 
日本でもジブリ映画公開以降、九份の知名度が急上昇し九份のレトロな街並みを楽しむ観光ツアーもメジャーになりましたが、スタジオジブリでは公式にはモデルにしていないと否定しています。

 

いずれにしても、九份が異国情緒溢れる街並みを残していることは事実です。あなたの目で確かめてみてください。

 

千と千尋の舞台?九份の動画

 

 

九份の町並みの動画

 

 

街自体は規模が小さいので半日もあれば隅々まで回ることができますが、民宿もあるのでのんびり滞在するプランもオススメです。

 

特に夜は赤いランタンで飾られるエキゾチックな雰囲気を堪能することができますし、海を見下ろす夜景の美しさも定評があるので夕方以降の観光が狙い目です。

 

ただし海沿いの山間部ですから天候が変わりやすく、しょっちゅう雨が降るので雨具や防水仕様のアウターは欠かせません。

 

黄浦区観光なら外灘や豫園の南翔饅頭店は欠かせない



黄浦区観光

黄浦区は観光スポットが多く、全長およそ1㎞も続く上海随一の観光エリア外灘をはじめ、全国重点文物保護単位に指定されている明代の庭園、豫園など見どころ一杯の地域です。

 

外灘エリアは夜のライトアップでも有名な官庁や銀行がひしめき、租界地区当時に建てられた西洋式の高層建築物を堪能することができます。

 

当時のレトロな雰囲気を色濃く残すレストランやバーも人気を集めていますし、カルティエやアルマーニなどブランドショップも多いので買い物を楽しみたい観光客の定番スポットでもあります。

 

中国には独自の文化遺産保護制度があり、価値のある建物、景観は風景名勝区、歴史文化地区、歴史文化都市…そして文物保護単位の4項目に分類されます。

 

上海市内(黄浦区)の3倍速動画

 

 

上海市黄浦区の尚文路-大林路-方斜路-大吉路-肇周路-建国東路-馬当路-合肥路­-淡水路-建国東路-重慶南路-建国中路-思南路-復興中路〜済南路付近までの3倍速動画を自転­車で散策した動画。

 

文物保護単位は国家レベル、省レベル、県レベルの3段階に渡って評価されますが、上海外灘は国家レベルに相当する全国重点文物保護単位に指定されています。外国人観光客にとっても一見の価値がある筈です。

 

一方「楽しい園」を意味する豫園は、およそ18年もの歳月をかけてつくられた庭園です。時代時代に翻弄され、再建を繰り返し現在は当時の2分の1の規模に縮小されていますが、上海外灘と同じように全国重点文物保護単位として扱われている伝統的な観光スポットです。

 

また、黄浦区の観光巡りで豫園を訪れるなら、食事は豫園近くの観光地豫園商城にある南翔饅頭店で頂きましょう。

 

豫園にある南翔饅頭店の動画(お店の様子と小籠包が出来るまで)

 

 

 
創業100年以上の歴史を誇る老舗中の老舗で、上海初の小籠包発祥店として知られる専門店の本店です。

 

東方明珠塔の観光で今後注目のコカコーラレストラン?



東方明珠塔 コーラ

東方明珠塔が観光スポットとして優れているのは、次々に新しい試みにトライし続けているからかも知れません。

 

3か所の展望台を設置したのも斬新な発想ですし、展望台のガラス張り回転レストランは現在でも訪れる観光客を魅了するのに十分な仕掛けです。

 

最近は珍しくないブュッフェレストランも、オープン当時は本当に珍しいスタイルでした。

 

好きなものを好きなだけ食べることができるブュッフェスタイルのレストランなら、食べ物の好みが違うメンバーで旅行しても揉めにくいので助かります。

 

 
東方明珠塔は高さこそ東京スカイツリー、カナダトロントのCNタワー、ロシアのオスタンキノ・タワーに抜かれてしまったものの、今でも超高層ビルが立ち並ぶ上海摩天楼の中で圧倒的な存在感を放っています。

 

シースルーエレベーターや今は休業していますが、一番下の段の展望台にあった遊園地など、時代時代に合わせて様々なサービスを展開している東方明珠塔は、上海旅行の度に訪れても前回とはまた違う発見がある筈です。

 

東方明珠塔の展望(景色)の動画

 

 

そして東方明珠塔最新のニュースは2014年8月末オープンのコカ・コーラレストランです。

 

2011年にもコカ・コーラとタッグを組み、東方明珠塔内にコカ・コーラショップをオープンして話題になりましたよね。

 

 
コカ・コーラのテーマレストランは世界で初めて…と言うことで、東方明珠塔の見どころがまた1つ増えました。

 

2010年に開催された上海万博でもコカ・コーラ館は一際盛り上がっていましたし、アメリカ人はもちろん日本人観光客も多く駆けつけたようです。

 

オリエンタルパールタワーホテルは東方明珠電視塔内ではないので要注意!



オリエンタルパールタワーホテル

オリエンタルパールタワーは観光客の間でも「リーズナブルに泊まれる!」と評判のホテルです。

 

ただしホテルの正式名称が「錦江之星東方明珠電視塔(ジンジャンインオリエンタルパールタワー)」と言うので誤解されがちですが、東方明珠電視塔内部に宿泊できるわけではありません

 

浦東の真ん中に位置し、歩いて30分程度で東方明珠電視塔に到着しますしアクセスの良さは抜群ですが、「上海のシンボルタワーの中に宿泊できる」と勘違いして予約を入れる観光客も少なくないようなのでご注意下さい。

 

いずれにしても、日本円で1泊3,000円程度で宿泊することができるので宿泊費用を抑えたい旅行客にもオススメです。

 

ちなみに、東方明珠電視塔観光を予定しているなら宿泊先は近くに確保したいものですが、実はオリエンタルパールタワー付近には5つ星ホテルが集まっています

 

 
ザ・リッツカールトン、グランドハイアット、フォーシーズンズ等々、世界的に有名なセレブ御用達ホテルが並んでいます。

パークハイアット、マンダリンホテル、ザ・ウェスティンホテル、ザ・ペニンシュラ上海も東方明珠電視塔がそびえ立つ黄浦区に位置します。

 

また、5つ星には届かないものの、4つ星ホテルのパークホテルも東方明珠電視塔近くの人気ホテルの1つです。

 

1934年にオープンした老舗ホテルのパークホテルは、60年代半ばまでアジアで一番高いホテルとして君臨していました。

 

現在でもオールド上海独特のエキゾチックな雰囲気を湛えるクラッシックホテルとして、異国情緒を堪能したい観光客を惹きつけてやみません。

 

上海テレビ塔観光なら眺め抜群の回転レストランの食事がオススメ!



上海テレビ塔

上海テレビ塔を観光で訪れるなら、お食事は是非回転レストランで頂きましょう。

 

上海テレビ塔の観光スポットになっている展望台は、一番高い350m上空の太空艙、263mに位置する上球体、90mの下球体の3か所あります。

 

1時間に1回回転する回転レストランは、2段目の展望台の上球体にあります

 

大人が1600人も入れる広いレストランで、上海テレビ塔のチケットとお食事券がセットになっているものも売られている程メジャーなコースになっています。

 

上海テレビ塔からの夜景動画(約9分)

 

 

上球体には展望台とレストラン以外にも、ジェットコースターやゲームセンター、バーなどエンターテイメントスポットが凝縮されています。

 

 
ただし、上海テレビ塔の展望台は円周部分の半分が屋外です。

 

吹き抜けになっている天井から高空の風がびゅんびゅん吹いてきますし、透明になっているフロアで高さを実感できるようになっているので高所恐怖症の方は覚悟しなければなりません。

 

1階の上海城市歴史発展陳列館も十分に見ごたえがありますし、1日上海テレビ塔で観光しても飽きないと評判です。

 

ただしチケット費用はどのコースを回るのかによって違います。入場する前に展望台全部を制覇するのか、どの展望台を狙うのか決めておきましょう。

 

上海城市歴史発展陳列館は展望台チケットを購入すれば無料で入ることができますが、展望台観光をすっ飛ばして上海城市歴史発展陳列館だけ楽しむことも可能です。

 

上海テレビ塔自体、午前8時から午後21時30分まで朝早くから夜遅くまで営業している点も好評です。

 

上海観光ならシンボルタワー東方明の夜景は外せない!



東方明観光

東方明は観光スポットとして国内外で人気を集めていますが、高さ468mもあるので高所恐怖症の方にはハードルが高いかも知れません。

 

エレベーターも高速で、ちょっとしたアトラクションのように楽しむことができると評判です。

 

ただし待ち時間は長く、混んでいる時期は行列覚悟で挑まなければなりません。

 

テレビ塔自体上海のシンボルなので、観光客は年中途切れることはありません。

 

東方明タワーからの上海の夜景動画

 

 

 

中国の上海市にある東方明珠電視塔は2012年、634mの東京スカイツリーが完成するまではアジアで一番高い建物でした。

 

 
現在アジアでは2番目、世界では4番目に高い建物です。

東方明の観光ルートは、350mに位置する太空艙、263mの上球体、90mの下球体と3つの展望台を軸に浦江遊覧船のチケットがセットになっているコースがメジャーです。

 

どの高さの展望台も、360度周囲を見渡せるようになっているので、昼も夜も上海の異国情緒溢れる景観を堪能することができます。

 

テレビ塔の1階にある上海城市歴史発展陳列館も「ドラマチックな展開を繰り返してきた上海の歴史がよく分かる!」と、観光客が大勢訪れるスポットです。

 

テレビ塔のチケットで入場できるオマケ的なテーマパークながら、5つのホールで構成され予想以上に広い内部には見学者を飽きさせない立体的な工夫が凝縮されています。

 

ちなみに東方明珠塔がある地域は、高度400mを超える建物が集まって密集しています。

 

地上101階建ての上海ヒルズこと上海環球金融中心、グランドハイアット上海が入っている88階建ての金茂大厦など、高い建物がお好きな方には堪らない観光エリアです。

 

1 5 6 7
最安値保証のホテル予約


エクスペディア-海外の厳選ホテル5万軒すべて最低価格保証!
最近の投稿
よく読まれている人気記事
サイトマップ
カテゴリー