知られざるアジア観光地まとめ » アーカイブ

大自然の満喫が魅力の基隆(キールン)観光のポイント!



基隆観音

基隆(キールン)観光では、三方を山に囲まれた天然の良港基隆港の他、港の東側の山丘にある中正公園、東南部の避暑地、暖東峡谷など豊かな自然を楽しむコースがたくさん用意されています。

 

まず、地元の人間にとっても格好のレジャースポットになっている中正公園には、運動施設や式典など宗教行事を行う為の空間がある公園内ビルが建てられています。

 

基隆市街を一望することができる広場は、美しい黄昏と夜景でも有名なので夕暮れ時も狙い目です。

 

基隆のシンボルにもなっている公園内にそびえ立つ白色の大観音像は、高さ22.5メートルもあり内部は5階建てになっている巨大な建造物です。

 

両側に黄金のライオン、周囲には18もの羅漢像の彫刻で飾られ、見る者を圧巻する迫力に満ちています。

 

暖東峡谷また、暖東峡谷も基隆観光の見所の1つになっています。

 

木陰をつくる林と切り立った絶壁の景観、川底が見える程透き通る渓流の流れを堪能する為に、毎年多くの家族連れ、観光客が訪れています。

 

暖東峡谷エリアには2本の景観歩道が渓流沿いにありますが、絶壁に沿って進む歩道、谷に沿って進み吊り橋で渡る歩道の両方のコース共、基隆の違う顔を見せてくれる筈です。

 

その他、釣り場としても有名な基隆港に隣接する和平島浜海公園近くも釣り好きには堪らない絶好の観光スポットで、イセエビや太刀魚など美味しい海産物が豊富に獲れます。

 

公園自体、自然生態を活かしたダイナミックな景観を楽しむことができますが、岩場に林立する獅子頭岩や豆腐岩などの奇岩を楽しむことができます。

 

九份観光のトワイライトツアーの動画はこちら

 

 

台湾 基隆市のアクセスマップ

 

 

台北から1時間!青い絶景「烏来」観光の魅力とは?



烏來南勢溪

烏来観光は温泉からトロッコ、ロープウェイやタイヤル族の踊りや歌まで、見所盛り沢山です。

 

台北から電車とタクシーを使えば1時間以内で到着することができる烏来は、現在14部族残っている台湾原住民の1部族、タイヤル族が大勢住んでいる部落があります。

 

烏来 (ウーライ)と言う言葉もタイヤル語で、温泉を意味します。現在烏来観光の目玉にもなっている烏来温泉も、タイヤル族が見つけたものです。

 

その昔海抜およそ500mの烏来は秘境中の秘境でしたが、今でも自然が色濃く残っています。

 

 

台北市内から出発して車やバスで山道を登る時も、青い山や川を間近に眺めることができます。

 

さて、車やバスは烏来街と呼ばれるメインストリート前で降り、飲食店やお土産屋さんが並ぶ老街を歩きましょう。

 

原住民の服やCDなど、台北夜市でも見掛けない珍しいお土産がたくさん売られています。

 

素朴な味付けであっさり食べることができるタイヤル族の伝統料理は、量も程ほどなので色々なお皿を頂くことができます。

 

中心街をぶらついた後は温泉街に突き当たりますが、温泉宿の他河原の横の自然の露天風呂に入ることもできるので日帰り温泉目当てなら水着を持参しましょう。

 

観光スポットの白糸の滝には、驚く程高速のトロッコやロープウェイで近づきますが、ロープウェイだと滝の上まで行くことができます。

 

滝を鑑賞しながら上るのでダイナミックに自然を堪能することができますし、滝の上には遊園地やボート乗り場、レストランもあります。

 

烏来台車トロッコの展望景色の動画はこちら

 

台北からアクセス抜群!ラジウム泉や白温泉が味わえる北投温泉観光の魅力とは?



北投温泉

北投温泉観光ではゆったり温泉に浸かり、旅行の疲れを癒やしましょう。日本同様、台湾も温泉大国として有名ですが、北投温泉は一番巨大な温泉街です。

 

台北から電車に乗って30分程度で着くので日帰り観光もできますし、宿に泊まってじっくり台湾のお湯を楽しむのも良いでしょう。

 

宿泊費の安い旅館からゴージャスなスパまで、予算に応じて選択肢が多いのも特徴的です。

 

北投温泉の景観動画はこちら

 

 

北投の温泉は元々硫黄を商うドイツ人によって開発されましたが、浴場を整備したのは日本人だそうです。

 

北投温泉の気になる温泉の泉質は??

 

泉質は青温泉と呼ばれるラジウム泉や弱酸性単純泉の白温泉のいずれかで、どちらも質が良いことで知られています。

 

ただし、青温湯は秋田県の玉川温泉と同じ皮膚炎や内臓疾患にもよく効くと評判の泉質で、敏感肌には少々刺激が強過ぎるピリピリした強酸性硫黄泉です。肌の弱い方は白温泉の温泉を選んだ方が無難かも知れません。

 

また、北投温泉浴場は日本でもお馴染みの大風呂スタイル、1室あたりの料金で貸し切り利用する個室風呂スタイル、そして水着を着用して男女共同で入る大風呂スタイルの3種類に分かれています。

 

基本的には日本のお風呂の作法とそう変わりありませんが、湯の中で身体をこするような仕草はタブーとされます。屋内の大風呂ではシャワーキャップが無料で貰えますが、このキャップは必ずかぶらなければいけません

 

温泉から上がったら温泉街の外れにある源泉地、地熱谷(ティールウクウ)まで足を運んでみて下さい。戦前は地獄谷と呼ばれていた神秘的な雰囲気で、常に湯気が立ち込めていて強い硫黄の匂いが漂っている場所です。

 

北投温泉へのアクセスマップ

 

台北から日帰り可能で奇抜な岩が絶景の野柳の観光スポットとは?



イエリウ観光

野柳観光のメインスポットは、奇怪岩の大パノラマに圧倒される野柳地質公園(イエリョウヂシーゴンユェン)です。イエリウと呼ばれることも多いです。

 

台北から日帰り旅行も可能な新北市の野柳地質公園巡りは、ツアーでも人気を集めています。

 

日本人観光客も多く、入場ゲート前のトラベルインフォメーションセンターに立ち寄れば日本語DMが入手できるのでご安心下さい。

 

 

 
ちなみに地図は有料で10元、チケット代は80元です。

 

残念ながら台湾の公衆トイレは衛生面に問題のあるところが少なくありませんが、野柳地質公園のチケット売り場近くのトイレは非常にキレイなので快適に用を足すことができます。

 

さて、中に進むとSF映画に入り込んだと錯覚するような珍妙な岩石が次々にそそり立ち、ユニークで奇抜な海岸景観に驚かされることになります。

 

野柳(イエリウ)風景特定区のツアー動画

 

 

集まる波と風の浸食で作り出された奇岩が圧巻!

 

 

野柳地質公園自体、北海岸に突出した細長い岬で、およそ1,000万年にも及ぶ地殻変動と風蝕、海蝕の影響で、まるで現代アートのような石彫芸術をあちこちに生み出しています。

 

キノコ岩、ミイラ岩、アイスクリーム岩、生姜岩、豆腐岩、壺穴…等々、特徴的な岩にはそれらしいネーミングがつけられています。

 

美女のサンダル岩なんて面白い名前の岩も必見です。特に代表的なのが、写真を撮る為に並ぶ観光客が行列をつくる程人気のある女王の頭岩です。

 

また、野柳地質公園を観光する時は足元にも注意してみて下さい。ウニの化石や地殻変動で生じた節理など貴重なものも、間近で目にすることができます。

 

 
ただし、現在野柳地質公園は観光客の増加の影響で、混雑する時期、時間帯には入場制限を実施していますので事前に入園情報をチェックしておいた方が無難です。

淡水観光で外せない絶景、食事、ショッピングの3ポイント



淡水観光

淡水はメジャーな観光地ですが、地元の人間からも大変人気がある行楽地です。

 

MRT淡水駅を降りたら、目の前に続いているのがメインストリートの中正路で、この道は淡水老街とも呼ばれています。

 

週末になると現地の人と観光客でスムーズに勧めない程賑わいますが、お土産屋さんから飲食店まで夥しい数のお店が集まっています。

 

淡水名物はムール貝に似ている孔雀蛤と言う貝の炒め物で、驚く程ボリュームがあります。

 

孔雀蛤

 

中国温州から受け継いだ大粒のワンタンも、シンプルな味付けなのに旨みが濃く、病みつきになる美味しさです。

 

淡水老街の街の様子をこちらの動画でチェック!

 

 

 

また、淡水は夕日がきれいな観光地として知られています。特に淡水駅から10分ほど大通りを歩いた先にある紅楼(ホンロウ)の3階カフェテラス席から眺める景色が一番美しいと言われています。

 

建物自体、築100年近く経っている歴史建築で、日本統治時代から富豪の館として有名だったそうです。

 

紅楼以外にも見応えのある建築物が多く、1629年にスペイン人によって建造されたサントドミンゴ要塞、紅毛城(ホンマオチョン)も見逃せません。

 

オランダ人の手に渡った後、英国領事館になり、現在は台湾の国家一級古蹟に指定されている非常に歴史的な遺跡です。

 

その他、恋人同士で淡水観光に行くなら、デートスポットになっている観光ハーバー、漁人碼頭(ユイーレンマートウ)でロマンチックな夕暮れを迎えましょう。

 

海に面するカフェやレストランが並んでいる多目的レジャー漁港です。整備され歩きやすい散歩林道でお散歩するのが、定番コースになっています。

 

最安値保証のホテル予約


エクスペディア-海外の厳選ホテル5万軒すべて最低価格保証!
最近の投稿
よく読まれている人気記事
サイトマップ
カテゴリー