知られざるアジア観光地まとめ » アーカイブ

海鮮グルメ旅行にぴったり!!台湾屏東県の東港の魅力とは?



林邊海鮮

東港観光はグルメ旅行にぴったりで、新鮮なお魚をたっぷり堪能することができます。台湾屏東県の東港は、南台湾で一番大きな漁港で、特に太平洋黒マグロがよく獲れることで有名です。

 

漁獲量も世界ナンバー1、最近は輸出割合が1~2割減っているものの、マグロ市場の7~8割は日本に輸出されています。

 

通称東港海鮮ストリートと呼ばれている海鮮街、東港鎮光復路ではお土産もたくさん売られています。鮮度抜群の魚介メニューを提供してくれるシーフードレストランが集まっているので、どのお店に入って良いものか迷ってしまう程です。

 

一方、東港はもちろん、大鵬湾や沿海エリアの養殖地の魚も並ぶ林邊海鮮ストリートは扱っている魚介類の種類が豊富なことで有名です。美味しいシーフードを安く食べることができる飲食店も少なくありません。

 

屏東東港の動画はこちら

 

 

屏東県 東港鎮のアクセスマップ

 

 

また、東港では間近に海を眺めることができる観海公園も立ち寄りたい人気スポットですが、東隆宮、鎮海宮、朝隆宮…と3つの廟も外せない見所です。

 

特に唐代に実際に生存していた慍鴻と言う人物を祀る東隆宮は、黄金の豪華な装飾に目を見張る程の迫力があります。

 

この漁港独特の賑やかなお祭りに参加したいなら、3年に1回10月に7日間だけ開催される王船祭と言うお祭りの時期を狙いましょう。

 

 
祭りの時期だけ廟もライトアップされ、夜になっても街全体が華やかな雰囲気に包まれます。

王を迎える儀式から始まり、街を練り歩く儀式、王の宴の儀式、王を見送る儀式…と厳かな儀式が連日続けられますが、やはり最終日が一番盛り上がります。

 

深夜2時以降迎える最後の儀式では煌びやかな船を海まで運び、見物人も参加して燃やしクライマックスを迎えます。

 

宿泊コースがオススメの船で渡るリゾート小琉球観光の魅力とは?



小琉球

小琉球は観光地の中でも特にリゾート色が強いエリアなので、何かと慌ただしくなってしまう日帰り旅行よりも宿泊コースの方がオススメです。

 

小琉球に渡る民営船は東港から出発しますが、約200人乗ることができる船が1日に8便出ています。

 

船に30分ほど揺られれば島に到着しますが、乗船チケット売り場には島巡りバスチケットや観光スポットの入場券がセットになったお得なチケットもあります。

 

あらかじめ行き先が決まっている場合セット料金で購入した方が楽かも知れません。

 

サンゴ礁が隆起してできた島、小琉球は周囲13km、2時間ほど歩けば一周できてしまう小さな島です。

 

小琉球の観光動画はこちら

 

 

ただし見所満載で民宿も80件ほど建っているにも関わらず、夏のハイシーズンには予約を取るのが難しい程観光客で賑わいます。

 

 
小琉球は季節風も吹かない気候が穏やかな地域で、冬場寒くなっても20度以下になることはありません

 

人混みと暑さが苦手なら秋冬シーズンが実は狙い目だと言われています。実際、シュノーケリングやカヌー目当ての観光客は夏場を避け、人が少なくなってから泊まりに来るそうです。

 

さて、小琉球観光の目玉の1つが、海亀の産卵地としても知られる美人洞です。

 

登る場所によって違う表情を見せてくれるキレイな海を眺めながら石階段を上がると、地下水が湧いてできた溜池「麗池」の跡地も見学することができます。

 

また昼間よりライトアップされる夜の方がムード満点の竹林歩道は、地下水を利用した池に咲く蓮の花が美しい場所です。

 

神秘的な竹林歩道の階段を登った先にある碧雲寺は200年も前からあるお寺で、素晴らしい彫刻も拝むことができます。

 

小琉球へのアクセスマップ

 

 

最安値保証のホテル予約


エクスペディア-海外の厳選ホテル5万軒すべて最低価格保証!
最近の投稿
よく読まれている人気記事
サイトマップ
カテゴリー