知られざるアジア観光地まとめ » アーカイブ

台湾で最初にできた街「延平老街」がおすすめの延平観光とは?



延平 観光

台南の延平観光なら、異国情緒溢れる台湾の伝統的な街並みをぶらぶらしたい…と考えている旅行客も満足できる筈です。

 

延平観光の目玉は日本とも関係が深い台湾の英雄、鄭成功と日本人の母親、5人の妻を祀る延平群王祠ですが、台湾で最初にできた街と言われる延平老街も外せない観光エリアです。

 

観光地では「隅から隅まで見よう」と気構えてしまいがちですが、延平群王祠で歴史のお勉強をしたら肩の力を抜いて延平老街を歩きましょう。

 

安平老街の動画はこちら

 

 

台南 安平老街のアクセスマップ


 

 

たくさんのお店が並ぶ延平老街は夜市ではありませんから、午前中から夜9時ぐらいまで賑わっています。

 

果物の蜜漬けを売る創業130年以上の老舗店も必見です。軽食やおやつにも困りませんし、ドライフルーツなどのお土産を購入したりして、時間を気にせずのんびり歩きましょう。

 

本格的にお腹が空いたら有名な牡蠣のお店もあります。セルフ式レストラン陳家蚵捲には牡蠣フライや牡蠣オムレツなど牡蠣好きには堪らないメニューがたくさん用意されています。

 

 
新鮮な牡蠣を好みの焼き加減で焼いて貰える焼き牡蠣が一番人気なので試してみて下さい。

 

観光客にはあまり知られていませんが、延平老街がある台南は牡蠣の産地としても有名です。値段も安く、日本では考えられない程の安価でフレッシュな牡蠣を堪能することができます。

 

屋台ではなく席が十分に用意されている2階フロアもあるので、落ち着いて台湾グルメを味わいたい旅行者にもぴったりではないでしょうか。

 

2007年に歴史建築として登録された西螺延平老街文化館など、延平老街近くには観光スポットも多いので老街で休憩しながら付近の名所を回りましょう。

 

台南駅から徒歩15分!延平の観光スポット「延平群王祠」の魅力とは?



延平群王祠

延平群王祠観光に訪れる日本人観光客は多く、ツアーの立ち寄り先としてもメジャーです。

 

台湾では日本にゆかりのある観光スポットが少なくありませんが、延平郡王洞もそういった史跡の1つです。

 

台湾の歴史に触れたい旅人にぴったりの観光エリア、延平のメインスポットは1662年に建てられた延平郡王洞です。

 

今では台湾国内でもすっかり貴重な存在になってしまった福州式の建築様式が伝えられています。

 

延平群王祠の動画はこちら

 

 

延平群王祠のアクセスマップ


 

 

台南駅から歩いて10~15分程で着く延平郡王洞は朝8時から夕方17時30分まで見学可能で、入場料は特別必要ありません。

 

境内の鄭成功文物館は月曜日が定休日なので、見学する時は曜日に気をつけましょう。

 

鄭成功文物館も含め、大体1時間ぐらいで見て回ることができる観光スポットですが、見学前にはこの洞の成り立ちを少々勉強しておくと印象も違うかも知れません。

 

もちろんパンフレットや館内の解説には日本語訳もついていますから、全く知識がなくてもその場で学ぶことができます。

 

延平郡王洞は鄭成功と母親、5人の奥方を祀って建てられましたが、鄭成功の母親は平戸の商人の娘だった田川まつと言う日本人です。

 

17世紀に鄭成功は田川まつと中国人商人の間に生まれ、7歳まで日本で育ち台湾で活躍し38歳の若さで亡くなりました。

 

 
日本では海賊のボスとしてあまり良いイメージで伝えられていないようですが、台湾ではオランダから台南を守ってくれた歴史的な英雄として扱われています。

 

日本統治時代には日本の寺院や神社の様式に改修され、開山神社と名前も変えられてしまいましたが、現在は再び元の姿に戻されています。

 

残された鳥居や絵馬からそういった歴史を感じることもできます。

 

最安値保証のホテル予約


エクスペディア-海外の厳選ホテル5万軒すべて最低価格保証!
最近の投稿
よく読まれている人気記事
サイトマップ
カテゴリー