知られざるアジア観光地まとめ » アーカイブ

紹興酒の産地で世界的に有名な埔里観光の3つポイント!



埔里観光

埔里観光のメインスポットは、バスターミナルから1km程度の距離にある埔里酒廠見学です。

 

埔里は「台湾のへそ」と呼ばれているのは、台湾島のちょうど真ん中にあるから。

 

質の良い水に恵まれている土地ゆえ極上の紹興酒、希少価値の高い野菜、美味と評判の埔里ビーフンなどグルメも唸らせる特産品がたくさん揃っています。

 

埔里のお酒と郷土料理に舌鼓を打つ為に、この地に立ち寄る観光客も少なくありません。

 

霧社や清境農場、蘆山温泉などを巡るルート上にある為、交通アクセスも良く南投県旅行では外せない観光エリアになっています。

 

埔里の動画はこちら

 

 

埔里のアクセスマップ

 

 

 

さて、埔里酒廠が設けられた日本統治時代の1917年から時代に合わせて常に最高級のお酒を造り続け、醸造の歴史を紡いでいます。

 

設立当初に醸造された天皇陛下御用達の「萬寿酒」、中華民国復帰時代、総統主催の国宴で提供された「介寿紹興酒」は、今でも語り継がれている名酒です。

 

紹興酒の生産地として世界的に知られている埔里では、自然豊かな台湾でも特に水質に優れた水が湧き出ている愛蘭泉の水がお酒造りに使われています。

 

 
透き通る黄金色、まろやかで深い香りを放つ埔里の紹興酒を飲むと、普通のものは飲めなくなると言われるぐらい別格の旨みを持ちます。

 

現在は「愛蘭白酒」の人気が高く、香りの高さでも群を抜いています。

 

埔里酒廠では見学コースが用意されているので、紹興酒の製造過程を見ることもできますし、紹興酒アイスなど新しく開発されたフードの試食タイムもあります。

 

お酒はもちろん、芸術価値の高い酒壺も展示されている文物館も見所の1つです。

 

埔里からバスで1時間!ゆったり入れる廬山温泉の魅力と注意点



廬山温泉

廬山温泉観光も、台湾で有名な温泉の1つです。

 

南投県屈指の温泉郷、廬山温泉は日本統治時代には日本らしい富士温泉と言う名前がつけられていましたが、戦争が終わってから現在の名称に改称されました。

 

明治温泉、桜温泉と共に中部の3大温泉に数えられ戦後も温泉街として賑わっていましたが、2012年の豪雨で川沿いの温泉旅館が大打撃を受けてしまいました。

 

現在は一時期のように観光客が押し寄せることはなく比較的閑散とした状態ですが、「空いている温泉にゆっくり浸かりたい」と考えるお客さんに密かな人気を集めています。

 

廬山温泉の動画はこちら

 

 

廬山温泉のアクセスマップ


 

 

台湾のおへそと言われる埔里からバスで1時間ぐらい揺られると到着しますが、乗り換えがないので楽ちんです。

 

埔里に滞在し、廬山温泉まで日帰り入浴を楽しむコースもオススメです。

 

 
温泉街のつり橋も見所の1つになっていますが、一番奥まったところには高温の地下水が噴出する地熱井があるので是非立ち寄ってみましょう。地熱井よりも更に先に歩くと、足湯が見つかる筈です。

 

足湯の隣では卵や野菜を茹でることができるお湯があり、とうもろこしなどを売っている売店もあるので小腹を満たすのに丁度良いかも知れません。

 

温泉街には食堂もありますし、日帰り入浴できるところがたくさんあります。水着で入る温泉も多いので、水着を持参すると重宝します。

 

石碑近くに急こう配の階段がありますが、頑張って登ると埔里市内を一望することができる公園に辿り着きます。

 

 
夕暮れ時の眺めも美しく、観光客にも「階段を登る価値がある!」と評判です。

 

最安値保証のホテル予約


エクスペディア-海外の厳選ホテル5万軒すべて最低価格保証!
最近の投稿
よく読まれている人気記事
サイトマップ
カテゴリー