知られざるアジア観光地まとめ » 台湾観光 » 花蓮県山部の絶景が美しすぎる九曲洞観光の魅力とは?

 

花蓮県山部の絶景が美しすぎる九曲洞観光の魅力とは?



九曲洞

九曲洞観光では、台湾の自然の生態にダイレクトに触れることができます。

 

九曲洞は花蓮県の山部にある太魯閣(タロコ)峡谷の中でも特に絶景が美しい場所で、渓谷で一番狭い場所でもあります。

 

ただし、岩壁を間近に眺めることができる絶景スポットだけに、土砂崩れの危険も伴います。

 

見学時はヘルメット着用が義務付けられているのでご注意下さい。

 

九曲洞の動画はこちら

 

 

九曲洞のアクセスマップ

 

台湾では「九=たくさん」とも捉えられている為、「九曲洞=クネクネした道が多くある洞」と言う意味です。

 

 
多くの観光客が誤解しているように9つのトンネルがあるわけではありません。

 

土砂崩れの後がまだ残る部分もある九曲洞観光では全部の場所を隈なく見学することはできませんが、整備され仕切っていないところも、この観光エリアの醍醐味です。

 

また、太魯閣峡谷がある太魯閣国立公園の九曲洞に向かう途中、かつて日本人が住んでいた集落を見学することもできます。

 

ただし集落や駐在所は太魯閣峡谷の燕子口から歩いて7時間ほどかかりますし、見学する為には前もって申請許可を取る必要があります。

 

九曲洞観光も含め、広大で道案内が必要な太魯閣国立公園を見て回るには目的のスポットを効率的に回ることができるツアーが一番便利かも知れません。

 

公園内に多くかかる吊り橋も岳王亭以外は渡るのに申請が必要ですし、岳王亭の吊り橋も同時に8人までしか渡ることができません。

 

吊り橋を渡った先にある階段も降りるのは禁止されていますし、色々とルールが厳しいエリアでもあるので単独旅行よりもツアーの方が安心かも知れません。

 

エクスペディア-海外の厳選ホテル5万軒すべて最低価格保証!

 

この記事に関連する記事一覧

最安値保証のホテル予約


エクスペディア-海外の厳選ホテル5万軒すべて最低価格保証!
最近の投稿
よく読まれている人気記事
サイトマップ
カテゴリー