知られざるアジア観光地まとめ » アーカイブ

現地の台湾人にも人気の花東海岸の観光ポイントの魅力とは?



花東海岸

花東海岸観光では、野趣豊かな風景を堪能することができます。

 

花東海岸を含む花蓮から大東までの海岸線、緑島は頭部海岸風景特定区に認定されている程、美しく人を魅了する景色が続いています。

 

完全に舗装された花東海岸公路が走っていますから、ただ車を走らせたりサイクリングに出掛けるだけでもこのエリア一体の美観を満喫することができるでしょう。

 

花東海岸沿いにある都蘭部落も、見応えのある観光スポットです。

 

花東海岸の動画はこちら

 

 

花東海岸のアクセスマップ

 

都蘭部落は非常に芸術性の高い部落なので、原住民の優れた文化に触れたい観光客にもぴったりの立ち寄り先ではないでしょうか。

 

台湾通の旅行客の間でも人気が高いエリアなので、豊年祭やイベントが開催される時期はあっという間に民宿の予約が埋まってしまいます

 

さて、都蘭部落の入り口は花東海岸公路の郵便局前付近に出ている標識を目印に、歩いて25分ほど登って到着します。

 

第一関門は三叉路になっていますし、標識も出ているので分かりやすい筈です。

 

部落の最初の見所は、1988年に三級古跡、2006年に縣定古跡に指定された石棺區、石壁區です。

 

都蘭とは阿美語で「石の塊が積み重なった土地」を意味しますが、この遺跡への道も石が積んである場所を多く見掛けます。

 

石棺區と石壁區は歩いて40分ほど離れているので見学には時間的な余裕も必要ですが、ちょっとした山道なので運動靴ではないと途中リタイヤしたくなるかも知れません。

 

 
体力に自信がない方は自転車やバイク、車で移動した方が無難です。

 

遺跡見学の後は、映画「月光下 我記得」のロケ地にもなった「月光小桟」に併設されているカフェで休憩を取りましょう。

 

年間の半分しか行けない!台湾屈指の東部離島「緑島」 の魅力とは?



台湾 緑島

緑島観光では、色々とユニークな体験をすることができる筈です。

 

台湾東部の台東から船で50分ほど進むと辿り着く緑島は、かつて流刑の地として選ばれていた少々いわくつきの観光スポットです。

 

日本統治時代には火燒島と呼ばれていましたが、緑島は元々火山の噴火によって誕生した島です。

 

台湾緑島観光の動画はこちら

 

 

台湾 緑島のアクセスマップ


 

 

もちろん現在では台湾屈指の観光地として、国内外から観光客が押し寄せる人気スポットになっています。

 

ただし台風などの影響もあるので、島に渡ることができるのは4月から9月の半年程度に限られています。

 

島に住む2,000~3,000人ほどの住民も、観光収入が見込めない時期には本土に渡り一帯が閑散とする為、観光時期には気をつけましょう。

 

緑島には小型機のみ着陸できる空港もありますが、定員20名ほどなのでオンシーズンに予約を入れるのは至難の業です。

 

海が荒れている日は酔い止めを欠かせませんが、基本的には船を使うのが一般的なルートです。

 

 
緑島は果物こそ乏しいものの、新鮮な魚料理や鹿肉料理を堪能することができます。見所も多いので何日間か滞在するコースもオススメです。

 

その昔政治犯として緑島に送られたものの、現在は政界で活躍している著名人の名が刻まれている人権記念碑、洞窟内部に流れ込んだ水でできた観音像で有名な観音洞も必見です。

 

朝日と月景色の両方を満喫できる約300mの遊歩道、海から入り込む海水が崖にぶつかり、勢いよく砕け散る馬蹄橋、珊瑚と貝殻の海浜等々中々遭遇できない景色に出会える筈です。

 

最安値保証のホテル予約


エクスペディア-海外の厳選ホテル5万軒すべて最低価格保証!
最近の投稿
よく読まれている人気記事
サイトマップ
カテゴリー