知られざるアジア観光地まとめ » アーカイブ

文武廟とセットで見たい!台湾で一番広い日月潭観光の魅力とは?



日月潭

日月潭観光は、都会の喧騒を逃れリゾート地でのんびり過ごしたい方にぴったりです。

 

連なる山々に囲まれた神秘的な湖、日月潭は台湾のど真ん中にあり台湾で一番広い湖です。

 

国立風景区に指定されている日月潭ではとにかく美しい景色を堪能することができますが、特に夕日や台湾八景の1つに数えられている秋の月は一際印象的です。

 

湖周辺は蒋介石が母親を偲んで建てた46mの慈恩塔や日本統治時代に2つの寺院が合併してできた文武廟などの見所を回ることができる8本の遊歩道が伸びている為、スムーズに観光しやすいでしょう。

 

日月潭の動画はこちら

 

 

日月潭のアクセスマップ

 

 

 

また、日月潭に古くから住んでいる台湾最少原住民族のサオ族は、現在伊達邵(イータサオ)と呼ばれる集落に住んでいます。

 

 
ショーを楽しめる劇場近くには、お土産屋さんやレストランもあります。

 

ショーは1回20分ほどで終わりますが、観客もステージに上がるよう促され、盆踊りのようにして一緒に踊ることができます。

 

旧暦の8月1日から1か月間行われる祖霊祭のシーズンなら、サオ族の伝統歌舞を見ることができます。

 

近年は観光客も歌舞の中に招き入れ、お祭りに参加できるようになっているようです。

 

このサオ族にとって聖地でもあり、日月潭のシンボルにもなっているのが、湖面に浮かぶラルー島です。

 

週末限定の遊覧船や料金交渉制のボートをチャーターすれば間近で見ることができますが、上陸することはできません。

 

1999年に起きた大きな地震の影響で、今は山頂部がわずかに残っているだけです。

 

最安値保証のホテル予約


エクスペディア-海外の厳選ホテル5万軒すべて最低価格保証!
最近の投稿
よく読まれている人気記事
サイトマップ
カテゴリー