知られざるアジア観光地まとめ » アーカイブ

飛行機なら日帰りも可能な台湾随一の絶景!太魯閣峡谷観光のポイント



太魯閣峡谷

太魯閣峡谷観光では、絶景の多い台湾の中でも特に素晴らしい景色を眺めることができると評判です。

 

台湾随一の絶景スポットと言うと物凄く遠い印象を持たれるかも知れませんが、実は太魯閣峡谷まで飛行機を使えば台北から日帰りで行ける距離にあります。

 

飛行機で35分、空港から車で30分ほど行けば太魯閣の入り口に着きますし、宿泊予定なら台北から最寄りの駅まで2~3時間かけて電車の旅を楽しむコースもオススメです。

 

太魯閣峡谷の動画はこちら

 

 

太魯閣峡谷のアクセスマップ

 

花蓮県の山部にあるタロコこと太魯閣国立公園の一番の見所は、断崖、高山、滝…と渓谷の豊かな生態を存分に堪能することができる太魯閣峡谷です。

 

太魯閣峡谷観光の出発点には、記念撮影にぴったりなエキゾチックな赤い門が建っています。

 

門をくぐり右に曲がったところにあるビジターセンターを過ぎ、トンネルを抜けます。

 

トンネルを出てすぐのところに白い大理石で作られた橋がありますが、橋の上には1つ1つ表情が違う獅子が100匹も飾られているので見応えがあります。

 

 
下の歩道には橋から降りることができますが、歩道は全長約4.5mもあり最終地点まで往復すると3時間以上かかるのでご注意下さい。

 

エメラルドブルーの水を存分に目に焼き付けたら、適当なところで引き返しましょう。

 

太魯閣の開拓者を弔う長春祠を過ぎたら、いよいよ太魯閣峡谷の絶景スポットを見ることができる燕子口に辿り着きます。

 

壮大な峡谷、迫力ある岩壁、九曲洞…とため息をつくしかない光景が広がります。

 

この一帯は場所によって観光申請許可を取る必要があり、ヘルメット着用の危険なポイントも目立ちますが、岳王亭の吊り橋公園内で唯一申請しなくても渡ることができます。

 

花蓮県山部の絶景が美しすぎる九曲洞観光の魅力とは?



九曲洞

九曲洞観光では、台湾の自然の生態にダイレクトに触れることができます。

 

九曲洞は花蓮県の山部にある太魯閣(タロコ)峡谷の中でも特に絶景が美しい場所で、渓谷で一番狭い場所でもあります。

 

ただし、岩壁を間近に眺めることができる絶景スポットだけに、土砂崩れの危険も伴います。

 

見学時はヘルメット着用が義務付けられているのでご注意下さい。

 

九曲洞の動画はこちら

 

 

九曲洞のアクセスマップ

 

台湾では「九=たくさん」とも捉えられている為、「九曲洞=クネクネした道が多くある洞」と言う意味です。

 

 
多くの観光客が誤解しているように9つのトンネルがあるわけではありません。

 

土砂崩れの後がまだ残る部分もある九曲洞観光では全部の場所を隈なく見学することはできませんが、整備され仕切っていないところも、この観光エリアの醍醐味です。

 

また、太魯閣峡谷がある太魯閣国立公園の九曲洞に向かう途中、かつて日本人が住んでいた集落を見学することもできます。

 

ただし集落や駐在所は太魯閣峡谷の燕子口から歩いて7時間ほどかかりますし、見学する為には前もって申請許可を取る必要があります。

 

九曲洞観光も含め、広大で道案内が必要な太魯閣国立公園を見て回るには目的のスポットを効率的に回ることができるツアーが一番便利かも知れません。

 

公園内に多くかかる吊り橋も岳王亭以外は渡るのに申請が必要ですし、岳王亭の吊り橋も同時に8人までしか渡ることができません。

 

吊り橋を渡った先にある階段も降りるのは禁止されていますし、色々とルールが厳しいエリアでもあるので単独旅行よりもツアーの方が安心かも知れません。

 

アミ族も見える!見所満載の台東の魅力的な観光ポイントとは?



アミ族

台東は観光スポットが多い見所満載のエリアです。

 

アミ族の子供たちの太鼓演奏で有名な比西海岸や、パイワン族の文化と伝統を堪能できる金峰郷、美人湯として名高い知本温泉など色々な楽しみ方ができます。

 

中でも近年「究極のリゾート地」として日本人や欧米人観光客から人気を集めているのが、台東県の自然豊かな東河部屋です。

 

アミ族の部落がある東河部屋は人口1,000人強しかいない観光リゾート地で、住民の大半はアミ族が占めています。

 

日帰りで訪れてイカダ遊びや魚釣りを楽しむ観光客も少なくありませんが、じっくり滞在しアミ族の文化に触れたい場合は宿泊コースがオススメです。

 

太平洋が目の前に迫り、緑が延々と続く東河部屋では、ただ自然を満喫するだけで心身が十分に癒やされるのを感じる筈です。

 

台東県(鹿野高台)の動画はこちら

 

 

台東県東河のアクセスマップ

 

宿泊施設も茅で覆われた原始的なつくりで、食事も伝統的な米酒や原住民料理が振る舞われます。

 

アミ族の原住民料理は、海藻や牡蠣などの貝類、魚、山で採れた山菜やチキン、山豚肉など海の幸と山の幸が贅沢にブレンドされたもの。

 

 
どの食材も新鮮で美味しく、葉のお皿で食べる豪快な盛り付けもワクワク感をそそります。

 

日中はアミ族独特のイカダに乗って川下りや野生のサルに餌付けして楽しみ、夜は星空を満喫することができます。

 

東河部屋は大自然の中で生活する醍醐味を味わいたい観光客にぴったりなリゾート地ですが、知る人ぞ知る人気スポットなのでブームになる前の今が狙い目かも知れません。

 

現地の台湾人にも人気の花東海岸の観光ポイントの魅力とは?



花東海岸

花東海岸観光では、野趣豊かな風景を堪能することができます。

 

花東海岸を含む花蓮から大東までの海岸線、緑島は頭部海岸風景特定区に認定されている程、美しく人を魅了する景色が続いています。

 

完全に舗装された花東海岸公路が走っていますから、ただ車を走らせたりサイクリングに出掛けるだけでもこのエリア一体の美観を満喫することができるでしょう。

 

花東海岸沿いにある都蘭部落も、見応えのある観光スポットです。

 

花東海岸の動画はこちら

 

 

花東海岸のアクセスマップ

 

都蘭部落は非常に芸術性の高い部落なので、原住民の優れた文化に触れたい観光客にもぴったりの立ち寄り先ではないでしょうか。

 

台湾通の旅行客の間でも人気が高いエリアなので、豊年祭やイベントが開催される時期はあっという間に民宿の予約が埋まってしまいます

 

さて、都蘭部落の入り口は花東海岸公路の郵便局前付近に出ている標識を目印に、歩いて25分ほど登って到着します。

 

第一関門は三叉路になっていますし、標識も出ているので分かりやすい筈です。

 

部落の最初の見所は、1988年に三級古跡、2006年に縣定古跡に指定された石棺區、石壁區です。

 

都蘭とは阿美語で「石の塊が積み重なった土地」を意味しますが、この遺跡への道も石が積んである場所を多く見掛けます。

 

石棺區と石壁區は歩いて40分ほど離れているので見学には時間的な余裕も必要ですが、ちょっとした山道なので運動靴ではないと途中リタイヤしたくなるかも知れません。

 

 
体力に自信がない方は自転車やバイク、車で移動した方が無難です。

 

遺跡見学の後は、映画「月光下 我記得」のロケ地にもなった「月光小桟」に併設されているカフェで休憩を取りましょう。

 

最安値保証のホテル予約


エクスペディア-海外の厳選ホテル5万軒すべて最低価格保証!
最近の投稿
よく読まれている人気記事
サイトマップ
カテゴリー